エアライン, 企業 — 2016年2月1日 14:00 JST

JAL、定時到着率首位で表彰 植木社長「お客さまに育てられて獲得」

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)は2月1日、2015年の定時到着率で首位となったのを記念して、米フライトスタッツ(FlightStats)から表彰された。成田空港第2ターミナルで開催した表彰式で、JALの植木義晴社長は「お客さまに育てられて首位を獲得できた」と利用客に感謝した。

ケネディCEOからトロフィーを受賞する植木社長(右)=16年2月1日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 JALの2015年の定時到着率は89.44%。全世界の航空会社を対象とした「Major International Airlines(主要国際航空会社部門)」と、米国を除いたアジア太平洋地域の航空会社を対象とした「Asia-Pacific Major Airlines(アジア・パシフィック主要航空会社部門)」で首位を獲得した。航空連合を対象とした「Airlines Alliances(アライアンス部門)」は、JALが所属する航空連合、ワンワールド・アライアンスが80.97%で1位を獲得した。

 主要航空会社部門で1位を獲得するのは、2009年(90.95%)、2010年(89.90%)、2012年(90.35%)、2013年(88.94%)に続き5回目。フライトスタッツのジェフ・ケネディCEO(最高経営責任者)は「JALは同部門で5度の1位を獲得し、偉業を成し遂げた」と栄誉をたたえた。

 植木社長は「日々の努力のたまもの」とJAL社員をねぎらった上で、「お客さまのご協力があって獲得できた」と述べた。「日本のお客さまほど、定時運航に対して厳しい目を持っている人々はいない。お客さまに育てられた」と続け、今後、日々の努力と工夫に努めていきたいとした。

 表彰式後、植木社長をはじめとするJALのスタッフが、首位獲得を記念してプレゼントを配った。ボールペンと手描きのメッセージカードを100組ほど用意し、チェックイン手続き中の利用客に手渡した。

 プレゼントされた利用客の1人は、配っていたのがJALの社長だと知ると「あまり会われへんもんな」と話し、びっくりしながらも喜んでいた。

 フライトスタッツは2001年設立。世界中の航空会社の運航情報、路線や空港ごとのデータを集計し公表している。本社は米オレゴン州ポートランド。表彰制度は2009年から開始し、今回が7回目となる。

主要国際航空会社部門(右)とアジア・パシフィック主要航空会社部門の定時到着率1位をたたえるトロフィー=16年2月1日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

利用客にプレゼントしたメッセージカードとボールペン=16年2月1日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

利用客にプレゼントを配る植木社長=16年2月1日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

プレゼントを配布後に利用客と言葉を交わす植木社長(中)=16年2月1日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

関連リンク
日本航空
FlightStats

JAL、定時到着率が世界1位 グループ三冠4回目(16年1月7日)
JAL、定時到着率で2年連続世界一 米社から4回目の受賞(14年2月14日)
JAL、定時到着率9割で世界一 米社から三度目の受賞(13年2月19日)
ANA、定時到着率と就航率が世界一 米社が認定(13年2月19日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post