企業 — 2014年11月8日 10:00 JST

日本人有給取得率39% 年末年始は「後ろにずらして」海外へ

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 オンライン旅行サイト「エクスペディア」の日本法人エクスペディアジャパンはこのほど、各国の有給休暇取得日数の調査結果を発表した。日本は18日の支給に対し消化は7日間。取得率が38.9%で、調査対象の13カ国中ワーストとなった(表1)。

表1■有給休暇の取得日数と消化率(エクスペディア調べ、Aviation Wire作成)

長い休暇を取れれば遠くにも行ける(写真はモンテネグロとスルプスカ共和国との国境)=14年3月 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 13カ国で最も多くの有給休暇を消化しているのはブラジルとフランスで、それぞれ30日の支給に対し、30日を消化。有給休暇取得率は100%となっている。3位には30日支給、26日消化、取得率86.7%のスペインがランクイン。オランダは25日の支給に対し、21日の消化。取得率は84.0%で、欧州の国々の高取得率が目立つ結果となった。

 アジアでは24日支給、18日消化、取得率75.0%のインドの5位が最高位。シンガポールも15日支給、14日消化、取得率93.3%と健闘した。

 今回の年末年始、一般的には12月27日から2015年1月4日までが休暇となる場合が多いだろう。土曜と日曜をはさむ関係で9連休となる(表2)。

表2■年末年始のカレンダー(エクスペディア調べ、Aviation Wire作成)

表3■有給休暇をからめた旅行日程パターン(エクスペディア調べ、Aviation Wire作成)

 エクスペディア調べによると、たとえば東京からホノルルへ、4泊5日ダイナミックツアーの場合、カレンダーどおりの休暇取得で12月27日から31日までの日程で25万8082円。有給休暇を1日追加し、2015年1月1日から5日までの日程で14万8686円となり、10万9396円の差が発生する。エクスペディアは「後ろにずらすのが得になる予約方法」としている(表3)。

 日本観光振興協会の調査によると、1週間以上の休暇を取得した場合、海外旅行に出かけたいと思っている人の割合が6割以上だという。前後に有給休暇を取得して、ほかの人とは違う日程で、もしくは長期の旅行などに出かけてみてはいかがだろうか。

関連リンク
エクスペディア

シニア世代の夫は家族と、妻は友人と旅行したい!? エクスペディア調査(14年10月6日)
ホテル料金、高ければ差額の2倍返金 エクスペディア「最低価格保証」一新(14年9月29日)
世界中の「オタク」を取り込め エクスペディア、訪日喚起キャンペーン(14年8月11日)
ビザ免除から1年、ASEAN発の訪日どう変化?(14年6月21日)
一番迷惑なのは子供の面倒見ない親 エクスペディアが米で調査(13年12月30日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: