- Aviation Wire - http://www.aviationwire.jp -

LCCは「格安」から再定義を 成長期のASEAN、成熟した北米

 ASEAN(東南アジア諸国連合)では、LCC(低コスト航空会社)が域内の航空需要の大半を担い、国際線は既存のFSC(フルサービス航空会社)と二極化が進む──。日本アセアンセンターが11月7日に開いたセミナーで、東京工業大学大学院の花岡伸也准教授がASEANにおけるLCC市場の今後について講演した。また、北米でのLCC市場の成熟などから、LCCを「再定義する時期が来ている」との考えを示した。

経済成長で需要顕在化

各地域で状況が大きく異なるLCC=13年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ASEANは2015年に市場統合し「ASEAN共同体」の実現を目指していることや、各国の経済成長により、航空旅客の潜在需要が顕在化すると指摘。現在もLCCの提供座席数トップ4までが東南アジアに集中し、