- Aviation Wire - http://www.aviationwire.jp -

デルタ航空CEO、羽田発着枠「JAL/ANAがJFKに着陸できないのと同じ」不快感示す

 デルタ航空(DAL)のリチャード・アンダーソン最高経営責任者(CEO)が7月31日に都内で会見し、来年春の羽田国際線発着枠の配分を公正に行うよう訴えた。

羽田国際線発着枠の配分を公正に行うよう訴えるデルタ航空のアンダーソンCEO=7月31日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 DALは現在成田空港をアジアのハブとして利用しているが、アンダーソンCEOは合併前のノースウエスト航空が1947年から羽田へ就航していたことを引き合いに、「JAL(日本航空、9201)やANA(全日本空輸)よりも先に羽田を使っていたのは我々。ぜひ家(羽田)に帰りたい」と訴えた。また、羽田で25枠確保できれば、一部便を除いて羽田へ拠点を移す考えを示した。

 羽田の国際線拡充は利用者にメリットがあると語り、「羽田は