エアバス, エアライン, 機体 — 2018年5月25日 11:32 JST

ロイヤルブルネイ航空、A320neo初号機受領

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エアバスは現地時間5月24日、ロイヤルブルネイ航空(RBA/BI)に、同社向け初号機となるA320neo(登録番号V8-RBA)を引き渡したと発表した。

ロイヤルブルネイ航空のA320neo初号機=PHOTO: A. Doumenjou, master films/Airbus

 ロイヤルブルネイのA320neoは、3クラス計150席(ビジネス12席、エコノミープラス18席、エコノミー120席)を設定。エンジンはCFMインターナショナル製「LEAP-1A」を搭載する。

 同社は2014年5月、A320neoを7機確定発注。A320ファミリーを2003年から導入し、現在はA320従来型(A320ceo)を6機保有している。

関連リンク
Royal Brunei Airlines
Airbus
エアバス・ジャパン

A320neoビジネスジェット、6月生産開始(18年5月24日)
A320neoでフルフラット実現 伸びる航続距離に新需要、エアバス新内装「Airspace」(18年4月15日)
ロイヤルブルネイ航空、エアバスA320neoを7機発注(14年5月7日)