エアライン — 2018年3月1日 12:47 JST

JAL、大川専務が副会長 18年4月1日付役員人事、赤坂新社長体制に

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)は2月28日、4月1日以降の役員体制を発表した。赤坂祐二常務執行役員が新社長に就任し、植木義晴社長が会長に退くほか、大川順子専務は代表権のない取締役副会長に就く。これにより、代表取締役は現在の3人から2人に戻る。

JALの新社長に就任する赤坂常務(右)と植木社長=18年1月24日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 6月開催予定の定時株主総会後は、3人の取締役が新任予定。常勤では、新社長となる赤坂常務のほか、秘書室長の清水新一郎常務執行役員、非常勤の社外取締役には津田塾大学学長特命補佐の八丁地園子氏が就任する。

 株主総会後、大川氏と大西賢会長、社外取締役の岩田喜美枝氏は、取締役を退任する。

 4月1日の執行役員体制では、4人の執行役員が新任。北田裕一氏と下條貴弘氏、宍倉幸雄氏、小枝直仁氏が就任する。4人のうち、北田氏は赤坂氏の後任となる整備本部長とJALエンジニアリング社長、宍倉氏はジェイエア社長に就く。

 取締役と監査役、執行役員体制は下記の通り(役職、執行役員体制は担当業務、氏名の順で敬称略)。


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり3記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料個人会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月3本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録は、こちらからお問い合わせください。
* 法人の会員登録は有料のみです。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: