- Aviation Wire - http://www.aviationwire.jp -

ソラシドエア、初の初日の出フライト 青島神社初詣ツアー

 宮崎空港に本社を置くソラシドエア(SNJ/6J)は1月1日、初日の出フライトを初めて実施した。機内からの初日の出観賞に加え、宮崎の青島神社での初詣もセットにした就航15周年記念の日帰りツアーとした。

青島神社を参拝するソラシドエアの初日の出フライトの参加者とクルー=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

 ソラシドは2002年8月1日、スカイネットアジア航空として就航。2017年で15周年を迎えた。同社初の初日の出フライトは、羽田-宮崎を往復するチャーター便(ボーイング737-800型機、登録番号JA810X)。初日の出を富士山付近の上空で拝む宮崎行き6J99便は、乗客131人(幼児2人含む)を乗せて羽田を午前5時44分ごろ出発し、宮崎には午前8時24分ごろ着陸した。

 羽田を出発前、髙橋宏輔社長は、「富士山上空で初日の出を拝んで羽田に帰ってくるのでは、九州・沖縄の翼らしくないだろうと、本拠地である宮崎へお連れする初日の出・初詣フライトを企画した」と、青島神社への初詣をセットにした経緯を説明した。

 和服を着た髙橋社長は、「和服は大分県杵築(きつき)市から提供いただいた。地域とお客様をつなぐ役割もがんばって果たしていきたい」と述べ、ソラシドの機体を活用した地域振興プロジェクト「空恋」で提携している同市をアピールした。

 宮崎行きの機内では、富士山の北西側にあたる、南アルプス付近上空1万7000フィート(約5200メートル)で初日の出を観賞。宮崎空港では2018年の干支「戌(いぬ)」にちなみ、県のキャラクター「みやざき犬」が出迎えた。参加者は宮崎市の青島神社を参拝してホテルで昼食後、宮崎空港へ戻り、6J98便で羽田へ戻った。

 初日の出フライトのパイロットは3人で、松末武史(たけひと)機長と中村勇貴副操縦士のほか、コックピットからの案内役として上條里和子(りなこ)副操縦士が同乗。松末機長が初日の出鑑賞時の高度などを機内アナウンスで説明したほか、上條副操縦士が飛行ルートなどを案内した。

 機内では、客室乗務員が弁当と飲み物を提供し、搭乗証明書とおみやげも用意。料金は、窓側から2席分で9万8000円、3席分で13万7000円、通路側1席が3万9000円だった。

*写真特集はこちら [1]

羽田の搭乗口前に整列するソラシドエアの初日の出フライトクルー=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

羽田で初日の出フライト出発前に記念撮影に臨むソラシドエアの髙橋社長(左から3人目)ら=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

羽田でサインボードを手に初日の出フライトを見送るソラシドエアの社員=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

羽田を離陸するソラシドエアの初日の出フライト6J99便=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

初日の出を鑑賞する富士山付近へ向かうソラシドエアの6J99便=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

初日の出を鑑賞する富士山付近を旋回するソラシドエアの6J99便=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

ソラシドエアの初日の出フライト6J99便から見た初日の出と富士山=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

ソラシドエアの初日の出フライト6J99便から見た初日の出と富士山=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

ソラシドエアの初日の出フライトで写真を撮った参加者=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

宮崎に到着したソラシドエアの初日の出フライトのクルー=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

宮崎空港でソラシドエアの初日の出フライトの乗客を出迎える県のキャラクター「みやざき犬」ら=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

ソラシドエアの初日の出フライトの参加者らが初詣に訪れた青島神社=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

青島神社を参拝するソラシドエアの初日の出フライトのクルー=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

ソラシドエアの初日の出フライトの乗客に手渡された記念品=18年1月1日 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

関連リンク
ソラシドエア [2]

写真特集・ソラシド初の初日の出フライト
宮崎・青島神社初詣が目玉 [1](18年1月6日)

2018年の初日の出フライト
ANA、富士山近くで初日の出フライト 高度1万3000フィート [3](18年1月1日)
JAL、羽田から初日の出フライト 全員が戌年CA、歴代制服も [4](18年1月1日)

就航15周年
宮崎県花ハマユウあしらった初代制服 写真特集・ソラシドエア就航15周年歴代制服フライト [5](17年8月14日)
ソラシドエア、就航15周年でスカイネット時代の初代制服 オリオンビールも販売開始 [6](17年8月2日)
「今までは再生ステージ。これからは成長」ソラシドエア髙橋新社長に聞く [7](17年8月1日)