- Aviation Wire - http://www.aviationwire.jp -

JAL植木社長「不安生じたら止まって」 18年安全への取り組み

 日本航空(JAL/JL、9201)の植木義晴社長は12月31日、2018年に向けた安全への取り組みについて、「不安が生じたら止まってくれと、今日現場を回って社員に話した」と述べた。

海保機をけん引中に整備士の死亡事故が起きたJAC(資料写真)=17年3月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 JALグループでは、29日に鹿児島空港の格納庫付近で、日本エアコミューター(JAC/JC)が整備を受託している海上保安庁のサーブ340型機(登録番号JA8952)の整備作業中に、JACの男性整備士(31)が意識不明の重体となり、搬送先の病院で死亡した。

 また、9月5日には、羽田発