エアライン, 企業 — 2017年12月28日 12:05 JST

スカイマーク、研修にVR導入検討 CA・整備士ら、ソフトバンクと

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 スカイマーク(SKY/BC)は12月28日、研修や訓練にVR(仮想現実)技術の導入を検討すると発表した。VRで使用する映像コンテンツはソフトバンク(旧・ソフトバンクモバイル)が制作し、スカイマークが協力する。導入が決定した場合、客室乗務員や整備士などの研修に活用する。

VR映像で使用する機上から見た非常脱出スライド展開(スカイマーク提供)

 2018年2月以降に映像を制作する。映像制作以降、研修や訓練での導入を検討する。

 VR導入は、ソフトバンクからスカイマークに持ちかけた。スカイマークによると、360度のVR映像を従来の研修や訓練などに導入することで、技能向上や知識習得などへの有効活用が期待できることから、協力を決定したという。

関連リンク
スカイマーク
ソフトバンク

航空業界で進むVR導入
エアバス、JALとA350向け複合現実訓練アプリ開発 ホロレンズ活用(17年11月15日)
JALや阪急交通社など、機内でVRサービス実証実験 ビジネスクラスで(17年9月6日)
JTA、新ジンベエジェットで「機内VR」 11月から(17年7月28日)
JAL、全方位カメラ映像で整備作業VR体験(17年6月6日)
ANA、新訓練施設を20年開設 穴守稲荷駅6分、見学エリアも(17年5月18日)
JAL、羽田サクララウンジにVR体験コーナー KDDI支援ベンチャーと(17年4月11日)
JAL、MS「ホロレンズ」でパイロット訓練 737の操縦室再現(16年4月19日)
VRや3Dプリントで増産対応へ 特集・エアバス イノベーションデイズ2015(前編)(15年6月8日)

スカイマーク関連
スカイマーク次世代機、機内ネット接続対応へ 市江社長「何か付く」(17年10月6日)
スカイマーク、ホークスと「タカガールジェット」 14日就航、女性客獲得目指す(17年5月10日)