官公庁 — 2017年12月14日 15:40 JST

国交省、航空機検査官を募集 18年4月以降入省

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 国土交通省航空局(JCAB)は、航空機を検査する航空機検査官を募集している。業務経験や資格がある人が対象で、応募書類を郵送して申し込む。2018年1月16日必着。

 入省は2018年4月1日から7月1日の間で、数名を採用する。1963年4月2日以降生まれの高校卒業以上で、整備士や操縦士など航空法に基づく技能証明保有者をはじめ、JCABが指定する資格や業務経験がある日本国籍の人が応募できる。

 勤務地は東京・霞が関の航空局安全部航空機安全課か、愛知・豊山町の同課航空機技術審査センター、東京航空局、大阪航空局のいずれか。

 書類選考の通過者は1月24日までに電話連絡する。1月29日から2月13日までに1次と2次の面接を実施し、2月14日ごろに採用者を決定する。

 航空機検査官は、型式証明・耐空証明検査や、機体を整備する事業場認定検査のほか、航空会社の運航・整備の安全性の指導・監督などの業務を担当している。

関連リンク
国土交通省
航空機検査官の募集要項(国交省、PDF)

国交省航空局とカナダ当局、整備施設を相互承認 重複検査を回避(17年12月7日)
国交省と外務省、航空安全協定でEUと交渉 MRJ輸出促進、整備コスト削減も(17年11月8日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: