エアバス, エアライン, 機体 — 2017年12月12日 16:45 JST

エアバス、香港CALCにA320neo 米フロンティア航空にリース

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エアバスはこのほど、香港を拠点とするリース会社中国飛機租賃有限公司(CALC: China Aircraft Leasing Company)にA320neoを引き渡した。CALCがA320neoを受領するのは初めてで、米LCCのフロンティア航空(FTT/F9)にリースした。

フロンティア航空がリース導入したCALCのA320neo=17年12月 PHOTO: A. Doumenjou, Master Films/Airbus

 同機にはCFMインターナショナル製新型エンジン「LEAP-1A」を搭載した。また同機は、CALCが受領した100機目の機体となった。

 CALCは11月末現在、A320neoを67機、A321neoを1機発注済み。

関連リンク
China Aircraft Leasing Company
Frontier Airlines
Airbus
エアバス・ジャパン

香港CALC、A320など100機発注(15年1月13日)
米フロンティア航空、A320neo初号機受領 米国初のLEAP機(16年10月20日)