エアライン, ボーイング, 機体, 空港 — 2017年12月4日 16:15 JST

中部787展示施設、スポンサーにANAとJAL 18年夏開業「Flight of Dreams」

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 中部国際空港会社は12月4日、2018年夏に開業予定のボーイング787-8型機の飛行試験初号機(ZA001、登録番号N787BA)を展示する複合商業施設「Flight of Dreams」(フライト・オブ・ドリームス)について、展示エリアのスポンサーとして、全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)の2社が参画すると発表した。体験型コンテンツ10カ所のうち、2カ所ずつに参画する。

都内で会見に臨む(左から)中部国際空港会社の友添社長、JALの大川順子専務、ANAの志岐隆史副社長、チームラボの猪子寿之代表=17年12月4日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

—記事の概要—
ANAとJAL、2コンテンツずつ参画
機体移動は12月17日
787初号機1機のみ展示
ボーイングストア、米国外で初常設
ANAは36機、JALは29機

ANAとJAL、2コンテンツずつ参画

 ANAは、実機と空間全体を使ったプロジェクションマッピング「超体感演出」と、来場者が描いた飛行機をコンピューターで読み込み、空間を飛んでいるように見せる「お絵かき飛行機」に参画。JALは紙飛行機を光の空間に飛ばし、飛ぶ仕組みへの理解を深めるコンテンツ「紙ヒコーキを飛ばす」と、パイロットや客室乗務員、整備士などの仕事を体験できる「お仕事体験」に参画する。

 これらの体験型コンテンツは、デジタルコンテンツを手がけるチームラボ(東京・文京区)がプロデュースする。

実機と空間全体を使ったプロジェクションマッピング「超体感演出」(イメージ、中部国際空港会社提供)

来場者が描いた飛行機が空間を飛んでいるように見える「お絵かき飛行機」(イメージ、中部国際空港会社提供)

紙飛行機を光の空間に飛ばすコンテンツ「紙ヒコーキを飛ばす」(イメージ、中部国際空港会社提供)

機体移動は12月17日

中部空港に駐機されている787初号機ZA001=17年4月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 体験型コンテンツへのスポンサー参画のほか、ANAは飛行試験初号機の施設内への搬入を担う。12月17日午前11時30分ころをめどに移動を開始し、日没までに駐機場から建屋までのおよそ900メートルを移動させる。移動にはANAのトーイングカーを使用し、中部空港でグランドハンドリング業務などを展開するANA中部空港が請け負う。

 JALはバンコク線で運航する787-8実機を使って、見学会と航空教室を2018年2月17日に開催する。詳細は1月中旬ごろに発表する。

 また、ANAとJALのほかにも、787の主翼構造の一部「桁(スパー)」を製造する新明和工業(7224)も、スポンサーに参画する。

 中部空港へ寄贈された787-8は、最初に製造された記念すべき787で、2015年6月22日にシアトルから到着。同年7月7日に贈呈式が開かれた。

787初号機1機のみ展示

Flight of Dreamsは「中部とシアトルのつながりがコンセプト」と述べる中部国際空港会社の友添社長=17年12月4日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 Flight of Dreamsは、787初号機1機のみを展示する。都内で会見に臨んだ中部国際空港会社の友添雅直社長は複数機の展示について、「(展示する)スペースができて、そういうお話しがあれば、可能性がある」としつつ、現段階では初号機のみを展示するとした。

 2019年度に退役を予定する政府専用機(747-400)など他機種の展示については、787は機体の構造部位のうち主翼など35%を日本企業が中部地域で製造している現状を説明し、「航空博物館を作るというよりかは、中部とシアトルのつながりや、『航空の基地(記者注:製造拠点)としての中部』をコンセプトとして作った」と述べ、否定的な姿勢を見せた。

 機体の施設搬入は、安全に作業でき、見学者が集まりやすい昼間帯に実施する。友添社長は「なるべく多くの方に見ていただきたい」と述べ、詳細を12月8日に発表するとした。

ボーイングストア、米国外で初常設

Flight of Dreams展示エリア(イメージ、中部国際空港会社提供)

 Flight of Dreamsは、整備を進めているLCC用の新ターミナルビルと、愛知県が建設を予定するコンベンションセンターとの間に建設する。

 開港以来更地となっている空港敷地内でオープンし、地上4階建てで高さ24メートル。建築面積は5000平方メートル、延床面積は1万平方メートル。1階と4階が機体をはじめ、製造工程や飛行機が飛ぶ仕組みなどを学べる展示エリアとし、2階と3階をフードコートなどが入居する商業施設にする。展示エリアへの入場は有料とする。

 商業エリアには、米シアトルで展開するレストランバー「THE PIKE BREWING(パイクブリューイング)」とスターバックスコーヒーが入居。また、ボーイングのグッズショップ「ボーイングストア」を、米国外では初めて常設する。

ANAは36機、JALは29機

 ANAは787-8を36機発注。国内線や国際線に投入している。初号機(JA801A)を2011年9月25日に、36機目(JA878A)は2016年5月12日に受領。4年7カ月かけてすべてがそろった。

 JALは国際線機材として25機を発注し、初号機(JA825J)を2012年3月25日に、25機目(JA845J)を2016年6月29日に受領。4年3カ月でそろった。

 今年9月には、国内線用機材として787-8を4機追加導入すると発表。2019年下期をめどに羽田-伊丹線など伊丹発着路線を中心に投入する。

関連リンク
Flight of Dreams
中部国際空港 セントレア
全日本空輸
日本航空
新明和工業

Flight of Dreams関連
セントレア、787展示施設の起工式 18年夏開業へ(17年4月27日)
セントレア、ペインフィールド空港と提携 787日米ゆかりの地(17年4月15日)
中部の787展示施設、シアトルのビールレストラン出店 スタバも(17年1月27日)
セントレアの787展示施設、18年夏開業へ 米国外初のボーイングストア常設(16年11月9日)
セントレアの787初号機ZA001、17年度に展示へ 商業施設を整備(16年3月31日)

787飛行試験機関連
787初号機ZA001、セントレアで贈呈式 公開時期は未定(15年7月7日)
歴史的な787初号機、セントレアで余生 写真特集・ZA001中部到着(15年6月23日)
787初号機ZA001、セントレア到着 故郷へ里帰り(15年6月22日)
787試験初号機、シアトル出発 セントレアへ(15年6月22日)
ボーイング、中部空港に787試験初号機寄贈へ(15年6月17日)
ボーイング、787試験機を寄贈 アリゾナの航空博物館へ(15年4月20日)
ボーイング、787を航空博物館へ寄贈 シアトル(14年11月9日)

県営名古屋空港にもミュージアム
MRJミュージアム開館 最終組立見学も(17年12月1日)
あいち航空ミュージアムがオープン YS-11や零戦展示、初日はMRJ駐機(17年11月30日)

ANAの787-8
ANAの787初号機、通常塗装で登場 初の再塗装機(17年2月28日)
中距離国際線機で完納 写真特集・ANAの787-8、36機揃う(16年5月18日)
ANA、787-8全機揃う 4年7カ月かけ、36機目が羽田着(16年5月15日)

JALの787-8
JAL、国内線に787-8初導入 19年から羽田-伊丹、4機追加発注(17年9月21日)
操縦席も「おしぼり乾きにくい」写真特集・JALの787-8、全機揃う(16年7月6日)
JAL、787-8全機受領 25機目が成田着、チャールストン製(16年7月2日)