エアライン, 官公庁 — 2017年12月4日 12:57 JST

ピーチ、ピンク色カレーやカニ飯弁当 鳥取とコラボ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は、機内食で鳥取県とのコラボレーションを12月1日から始めた。ピンク色のカレー「ピンク華麗」やカニ飯などをそろえた。

鳥取県とコラボしたピーチの機内食「ピンク華麗(カレー)」(左)と「カニ飯」(同社提供)

 鳥取県とのコラボメニューは、機内食「PEACH DELI」の冬メニューで、2018年2月28日まで販売。訪日(インバウンド)需要が旺盛なことで、東京や大阪、富士山などを巡る定番「ゴールデンルート」以外を訪れる訪日客が増えている。ピーチは新しい旅行先として、鳥取砂丘などの観光資源を持つ鳥取県をPRしていく。

 ピンク華麗は、総務省の家計調査でカレールウ消費量日本一の鳥取市が誇る、ユニークなカレーが機内食で初登場。鳥取県産の赤ビーツを材料に使用したピンク色のカレーで、鳥取県産のラッキョウ漬けを添えた。値段は1000円で、国際線と国内線の長距離路線で販売する。

 カニ飯弁当は、鳥取県産紅ズワイ蟹をほぐしたものと足のむき身を、酢飯にトッピング。野菜などもバランス良く詰めたという。値段は1300円で、国内線と国際線の一部を除く全路線で扱う。

 このほか、国際線の事前予約のみで「蟹アントレ」(1200円)、国内線と国際線の全路線でナシのゼリー(500円)や20世紀ナシのジュース(600円)を販売する。また、ピーチのクレジットカードを提示するか決済に使うと、機内食の全品が10%引きになる。

 ピーチは2012年3月1日に国内初のLCCとして就航し、今年で5周年を迎えた。現在は19機のエアバスA320型機(1クラス180席)で、国内線14路線と国際線14路線の計28路線を運航している。就航6周年の2018年3月1日からは、関西-新潟線を就航させ、2018年度内に新千歳空港を拠点化する見通し。鳥取空港には就航していない。

関連リンク
ピーチ・アビエーション
鳥取砂丘コナン空港(鳥取県)
鳥取空港ビル

ピーチが航空会社と組まないワケ(17年11月30日、日経ビジネス連載)
ピーチ、”インスタグラマーの旅”販売 古民家泊など追体験を提案(17年11月7日)
AirbnbとANA、ピーチが提携 宿泊先と航空券を一括予約(17年11月7日)
ピーチ、新潟18年3月就航へ 初のLCC、井上CEO「上信越ポテンシャルある」(17年10月31日)
ピーチ、沖縄就航5周年 330万人が利用、6路線に(17年10月19日)
ピーチ、札幌3路線就航 18年度の拠点化前進(17年9月24日)
ピーチ、仙台-札幌就航 第3拠点化、井上CEO「路線拡大する」(17年9月24日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post