業績, 空港 — 2017年8月10日 11:25 JST

日本空港ビル、営業益61.6%増 市中免税店が堅調、17年4-6月期

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 羽田空港国内線ターミナルを運営する日本空港ビルデング(9706)の2017年4-6月期(第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比45.3%増の26億4000万円だった。2016年1月に銀座に開業した、空港型市中免税店の売上が堅調に推移していることや、訪日客を中心とする旅客増が奏功した。2018年3月期通期予想は据え置いた。

—記事の概要—
17年4-6月期
18年3月期通期予想

17年4-6月期

訪日客増や銀座の市中免税店が堅調だったことで営業益が6割増となった日本空港ビル=16年1月26日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 4-6月期の売上高は517億5900万円(前年同期比5.9%増)、営業利益は27億8700万円(61.6%増)、経常利益は37億5800万円(39.5%増)の増収増益となった。

 羽田の国内線旅客は前年同期を上回った。免税店などを運営する羽田国際線ターミナルや成田空港、関西空港などの国際線旅客は、訪日外国人が増加した。

 セグメント別では、家賃収入など施設管理運営業は、営業収益が138億円(前年同期比7.7%増)、営業利益は16億7900万円(29.3%増)。営業収益のうち、家賃収入は航空会社への貸出が増えたことなどで、前年同期を上回った。施設利用料収入も、旅客数増に伴う国内線旅客取扱施設利用料の増加により、前年同期を上回った。また、羽田の国際線ターミナルでの業務受託料収入などの増加も奏功した。

 物品販売業は、営業収益が


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。