エミレーツ航空17年3月期、29年連続黒字 A380に新機内ラウンジ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エミレーツ航空(UAE/EK)などエミレーツ・グループは、2017年3月期通期連結決算で25億AEDディルハム(約6億7000万米ドル、約745億1900万円)の利益を計上した。前期(16年3月期)比で70%減となったものの、29年連続で黒字を達成した。

 売上高は2%増の947億AEDディルハム(258億米ドル)、現預金残高は19%減の191億AEDディルハム(52億米ドル)。同社によると、2種類の満期債券の償還と、機材関連資産への投資に起因するものだという。

—記事の概要—
燃料費割合25%
A380の機内ラウンジ改良

燃料費割合25%

29年連続黒字となったエミレーツ航空=17年3月 PHOTO: Youichi KOKUBO/Aviation Wire

 エミレーツ航空単体の売上高は、851億AEDディルハム(232億米ドル)。ドル高進行により、利益は過去最高となった前期と比べ82%減となる13億AEDディルハム(3億4000万米ドル)、利益率は1.5%だった。

 地域別売上高のトップは欧州で、前期と変わらず239億AEDディルハム(65億米ドル)を記録。東アジアとオーストラレーシアが1%増の226億AEDディルハム(62億米ドル)で続き、南北アメリカ大陸が3%増の124億AEDディルハム(34億米ドル)、湾岸アラブ諸国・中東地域が4%増の87億AEDディルハム(24億米ドル)となった。一方、アフリカ地域は4%減の87億AEDディルハム(24億米ドル)、西アジアとインド洋は3%減の74億AEDディルハム(20億米ドル)だった。

 燃料費は6%増となる210億AEDディルハム(57億米ドル)で、総オペレーション・コストは8%増加。オペレーション・コストに占める燃料費の割合は、前期の26%に対し現在も25%と、最大の比率を占めているという。

 また、グループ全体の従業員数は11%増となる10万5000人超。出身は160カ国以上にのぼる。

A380の機内ラウンジ改良

エミレーツ航空の現行機内ラウンジ=12年7月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 旅客数は過去最高となる8%増の5610万人となり、ロードファクター(座席利用率)は


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post