解説・コラム — 2016年12月31日 23:05 JST

新千歳空港の保安検査すり抜けが1位 2016年の注目記事

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 2016年1年間によく読まれた記事を、「先週の注目記事」の番外編としてまとめました。一番読まれたものは、8月5日に新千歳空港で起きた保安検査場すり抜けトラブルの記事でした。

1位:新千歳すり抜け

保安検査を受けなかった女は羽田便に搭乗=14年4月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 8月5日午後0時10分すぎ、若い女性客1人が国内線ターミナルの保安検査場で金属探知機を通過せず、羽田行きに搭乗して出発するトラブルがありました。

 この影響で機内や搭乗待合室など、制限エリア内にいた約1000人にのぼる全乗客がエリア外に出され、保安検査がやり直しとなり、欠航や大幅な遅延が発生。2万人以上に影響が出ました。

 女はエア・ドゥ(ADO/HD)の札幌午後0時28分発羽田行きHD20便で、午後1時57分に羽田へ到着。この段階でもエア・ドゥには警備会社から連絡はなく、身柄を拘束されることはありませんでした。また、エア・ドゥは女に対し賠償請求をしないと決めています。

 北海道警は事件性はないとしていますが、約2万人に影響が生じたことや、機材繰りに伴うその他の路線での遅延などを含めると、それ以上に影響が及んでいます。当の本人はおとがめなし、賠償請求もなしという結末が妥当であるかは疑問です。

 また、保安検査場を通過したエリアには、道警の警察官が配備されています。航空会社や警備会社だけではなく、道警の警備体制にも不備がなかったと断言できるのか、国土交通省と道警が対等な立場で再発防止に取り組めるのかなど、課題があります。

2位:ANAのA380ハワイ投入

 第2位は、全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)による、エアバスA380型機のハワイ路線投入。記事を掲載した


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: