エアライン — 2012年10月17日 07:00 JST

大韓航空、欧米路線の上級クラスで韓国料理提供

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 大韓航空(KAL)は11月1日から米国や欧州など長距離路線のファーストクラスとプレステージクラスで、健康や消化の良さを考慮した韓国料理の機内食を提供する。

11月から欧米路線で韓国料理を提供する大韓航空(同社提供)

 KALが提供する韓国料理はトンチミ(水キムチ)スープと大根を使った「トンチミ麺」と韓国の薬膳ごはん「ヨンヤンパプ」。トンチミ麺は酸味のきいたスープと柔らかくコシのある麺が特徴で、消化に良い一品だという。

 もうひとつのヨンヤンパプは、カボチャを器として、栗やナツメ、松の実、銀杏、黒米、もち米、玄米などを一緒に混ぜて炊いたご飯。食物繊維、ビタミン、ミネラル、タンパク質などが豊富だとしている。

 また、KALが航空会社として初めて機内で提供している赤ワイン「ゴースト・ブロック・シングル・ヴィンヤード」は、米国を代表するもののひとつで、オバマ大統領のホワイトハウスの晩さん会などに使用された。有機農法で栽培したブドウを熟成させている。2011年9月からニューヨークとロサンゼルス、ワシントンの3路線のファーストクラスで提供を始めており、13年6月から米国全路線のファーストクラスでの提供を予定している。

 KALでは海外での試食会などを通じて、韓国料理を世界に広めるよう積極的に取り組んでいるという。

関連リンク
大韓航空

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: